酵素ドリンクを昼に飲むメリット

昼に飲んだほうがいい人とは

お腹の中から綺麗にして代謝促進をサポートする酵素ドリンクは、夜に飲むのが最適と言われています。これは一般的に夕食のカロリーは大きく、さらに食後は眠るだけという人が多いためです。就寝前にカロリーを摂取すると、体脂肪に変わりやすいので肥満リスクを高くします。 就寝前のカロリー調整のためには夕食と置き換えて酵素ドリンクを飲むのがよいですが、昼に飲んだほうがいい人もいます。それは昼食のボリュームが多い人で、1,000kcalを超えるような場合はぜひ取り入れてください。ただ酵素ドリンクのみだと午後からスタミナ不足に陥る可能性がありますので、食事のカロリーを500kcalに抑えつつ、酵素ドリンクを追加するなど工夫するのが得策です。自分に無理のない飲み方を見つけることが、酵素ドリンクダイエットを成功させる鍵です。

酵素ドリンクで胃腸機能を元気にする

年齢を重ねると胃もたれが気になり始めて、特に昼食や夕食後はもたれるという人が目立ちます。当然ながら高カロリー食ほど胃もたれが起こりやすいので、胃腸が弱っている人は昼食と酵素ドリンクを置き換えしてみましょう。ドリンクは胃腸にほとんど負担を与えませんので、胃腸を元気にして代謝やデトックス機能を向上させられます。暴飲暴食をすると胃腸が休まる暇がないので、消化不良を引き起こして栄養不足や肌荒れを発生させるケースがあります。 胃腸の疲れを解消するためには、昼に酵素ドリンクを飲む対策を2~3日続けてみてください。仕事のある日が難しい場合は、土日などの連休を利用して実践しましょう。胃腸が元気になったら普段の食生活に戻しても問題ありませんが、くれぐれも暴飲暴食は避けてください。